八幡自然塾
野鳥アルバム日本の鳥

 
男山遠望 八幡市
八幡自然塾日本の鳥旅先の鳥旅先の花木旅先の蝶鳥紀行好酉の世界
|八幡野鳥観察エリアマップ||野鳥関連用語集||八幡市の花・木・鳥・花木|



 
<< Home Page
ショウドウツバメ (小洞燕)


ショウドウツバメ(6態)
ショウドウツバメ成鳥(6態-1)  巨椋 京都府 2018/09/22 Photo by Manda (写真提供: 萬田悠二)
ショウドウツバメ(左)とコシアカツバメ(右)


ショウドウツバメ成鳥(6態-2)  巨椋 京都府 2018/09/22 Photo by Manda (写真提供: 萬田悠二)
ショウドウツバメ成鳥(6態-3)  巨椋 京都府 2018/09/22 Photo by Manda (写真提供: 萬田悠二)
ショウドウツバメ成鳥(6態-4)  巨椋 京都府 2018/09/22 Photo by Manda (写真提供: 萬田悠二)
ショウドウツバメ成鳥(6態-5)  巨椋 京都府 2018/09/22 Photo by Manda (写真提供: 萬田悠二)
ショウドウツバメ成鳥(6態-6)  巨椋 京都府 2018/09/22 Photo by Manda (写真提供: 萬田悠二)


ショウドウツバメ 成鳥 巨椋 おぐら 京都府
2018/09/22 Photo by Manda
(写真提供: 萬田悠二)



ショウドウツバメ (小洞燕) *205-p407 2018/09/27
スズメ目 Passeriformes
ツバメ科 Hirundinidae
 学名 Riparia riparia
 英名 Sand Martin
 全長 (L) = 12 cm
 旅鳥 (京都府)
 雌雄同色

2018年 09月 27日
 萬田さんからショウドウツバメの写真を頂いた。八幡自然塾の日本の鳥としては一番乗り(初記録)である。








 『ここの所、シギチを探して巨椋に行っています。 シギチもいろいろいましたが、ツバメが乱舞しており、 その中に、ツバメコシアカツバメに混じって変わった ツバメを発見しました。少し小さく、褐色の羽をもっていました。そうです!! ショウドウツバメでした。 私にとっては初見です。これで 233種目になりました』 とのコメントが添えてあった。


同定以前
 確かに、鳥好きの人にはショウドウツバメの知名度は高いのだが、実際の出逢いは少ないであろう。思うに・・・例え出逢っていたとしても・・・飛び回っているツバメをフォーカスすること自体が難しいのだ。何しろ飛行巧者のツバメはカメラマン泣かせである。これは同定以前の問題である。

 cf. 一億総プロカメラマン





 cf. ショウドウツバメのフィールドマーク
 cf. ショウドウツバメの渡り
 cf. ショウドウツバメの食べもの
 cf. ショウドウツバメの名前の由来







関連記事
ツバメ科の他の仲間たち サムネイルで一覧表示
ショウドウツバメ 1 ハンガリーの鳥





野鳥一覧へ戻る




履歴
2018/09/27 初版リリース










ショウドウツバメ (小洞燕) Sand Martin (Riparia riparia) - 野鳥アルバム (日本の鳥) 八幡自然塾

Copyright (C)  2004-2019   Yawata-Sizenjuku 八幡自然塾