八幡自然塾
野鳥アルバム日本の鳥
 
男山遠望 八幡市
八幡自然塾日本の鳥旅先の鳥旅先の花木旅先の蝶鳥紀行好酉の世界
|八幡野鳥観察エリアマップ||野鳥関連用語集||八幡市の花・木・鳥・花木|



 
<<Home Page  <<八幡市
ヤイロチョウ (八色鳥)


Photo-20160622
ヤイロチョウ (6態)Photo-20150622 ヤイロチョウ 成鳥 (6態-1) 朽木の森 京都府 2015/06/22 Photo by Manda
Photo-20150622 ヤイロチョウ 成鳥 (6態-2) 朽木の森 京都府 2015/06/22 Photo by Manda
Photo-20150622 ヤイロチョウ 成鳥 (6態-3) 朽木の森 京都府 2015/06/22 Photo by Manda
Photo-20150622 ヤイロチョウ 成鳥 (6態-4) 朽木の森 京都府 2015/06/22 Photo by Manda
Photo-20150622 ヤイロチョウ 成鳥 (6態-5) 朽木の森 京都府 2015/06/22 Photo by Manda
Photo-20150622 ヤイロチョウ 成鳥 (6態-6) 朽木の森 京都府 2015/06/22 Photo by Manda
朽木の森にはじめてきました。
8時前なのに車が50台、
人は150人/日くらいはいたのでは。

しかし、ヤイロチョウは鳴いている のですが、
姿が見えず、
夕方谷に下りたところを一瞬見ただけでした。

リベンジを期して 五日後の6月22日に現地へ!!
短い時間でしたが朝・夕と見て撮ることができました。
山ヒルにも負けず。




・・・ フォト五七五 ・・・
『 鳴き響くよ 朽木の森に ヤイロチョウ 』





ヤイロチョウ 成鳥 (6態)
朽木の森 京都府
2015/06/22 Photo by Manda
(コメント & 写真提供: 萬田)



ヤイロチョウ (八色鳥) *214-p229 *212-p158 *205-p399 2015/08/31
スズメ目 Passeriformes
ヤイロチョウ科 Pittidae
 学名 Pitta nympha
 英名 Fairy pitta
 全長 (L) = 16-19.5 cm *13
 絶滅危惧ⅠB類(EN) 環境省
 夏鳥 (京都府)
 雌雄同色
 群聚性 単独、成対

 萬田さんからヤイロチョウの写真をいただいた。 この八幡自然塾への投稿に限っていえば、一番乗りである。 渡来時には大騒ぎになったというが ・・・ さもありなん。










調べていて思ったこと
 調べていて思ったのだが、このヤイロチョウのような日本では稀な鳥については、日本の図鑑自体も頼りない気がする。 ・・・ というか、他の図鑑と微妙な違いがあり、さらにこちらは知識不足で、その正否がわからず混乱するのだ。


 結論的には、台湾の図鑑 *214-p229 がよかろうということになった。 それに、かっての台湾旅行の際に、ヤイロチョウの郷 という所に立ち寄ってわかったことがある。

 ヤイロチョウの棲息域の自然環境保護の取り組みに関しては、こちらの野鳥の会といった民間団体もそうだが、台湾の林務局もパンフレットの作成を通して、その啓蒙に当たっていた。

 何事でもそうであるが、単にお仕事の範疇として取り組むだけではなく、そういった気概が感じられるかどうかが重要なのだ。


 日本の場合は、放ったらかしか、むしろ、机上の論理を振り回して逆の干渉をしているような気がする。 以前、そのような場面に遭遇したことがあったからだ。 もう、一昔も前の話だが、今はどのようになっているのだろう。

 cf. どうしてここなのか






ヤイロチョウの郷


photo1
ヤイロチョウの郷のシンボル
photo1 ヤイロチョウの郷 湖本村 台湾 2012/12/06 Photo by Kohyuh




photo2
ヤイロチョウの郷のインフォメーションセンタ
photo2 ヤイロチョウの郷 湖本村 台湾 2012/12/06 Photo by Kohyuh




photo3
視聴覚室でビデを放映
photo3 ヤイロチョウの郷 湖本村 台湾 2012/12/06 Photo by Kohyuh



ヤイロチョウの郷 湖本村 台湾
2012/12/06 Photo by Kohyuh










生態など ・・・ 八色鳥の郷で貰ったパンフレットから抜粋
 ・性隠密、警戒心強、難得一見
 ・目前全世界八色鳥族群数量因棲地破壊
 ・人為猟捕而大量減少
 中国語のままだが、何となく、言っていることは理解できるだろう。




笛吹けど踊らず
 台湾も日本に似て、鳥好きの人が多い。 それは欧米の人でも同じだが、彼らは双眼鏡一本でバードウォッチングを楽しんでいることが多い ・・・ いわゆる鳥観派が多い気がする。

 一方、日台の人は鳥撮派が多いようだ。 この傾向は、高性能カメラの調達性が欧米に比べて有利な状況にあるからと言えるかも知れない。

 さらに思うことは、自然環境破壊の先進国だった欧米が、今はその反省の道を歩み出しているのだが、こちらは同じ轍を急ぎ足で踏み進んでいる気がするのだ。

 cf. 自然保護の思い



 台湾では、後進国と思うからこそ、先進国の警鐘を素直に受け止めて、「八色鳥の郷」 のような啓蒙活動の取り組みを始めたのであろう。

 また、この他にも台湾各地で同様の取り組みを多々見て来たのだが、「笛吹けど踊らず」 といった感じもするのだ。 それでも ・・・ 笛を吹いているだけでも、ましな方なのだが ・・・

 cf. 鳥撮人と鳥観人
 cf. 鳥撮じじい
 cf. 鳥撮人泣かせ
 cf. 一億総プロカメラマン
 cf. またもやカメラマン
 cf. バードウォッチィングに適した場所






渡り *214-p229
 ヤイロチョウは、中国南東部、台湾、朝鮮半島南部、日本などで繁殖し、冬場にはボルネオなどに渡って避寒する渡り鳥である。




食べもの *214-p229
 ヤイロチョウは、主に昆虫やその幼虫、カタツムリなどを捕食する。




名前の由来 *31-p445
 ヤイロチョウは、江戸時代中期から "やいろてう" "朝鮮つぐみ" の名で知られていた。 名前の由来は、焦茶、黒、黄、オリーブ、空、白、黄褐、紅の八色の羽色を持つからだ。










学名の意味
pitta 小鳥 (インド南部での呼び名)
nympha (少女の姿をした) 妖精
by 野鳥の学名入門/くまたか より引用




英名の意味
fairy 妖精
pitta [鳥] ヤイロチョウ
by パーソナル英和辞典より引用










関連記事
ヤイロチョウ科の他の仲間たち サムネイルで一覧表示





野鳥一覧へ戻る




履歴
2015/08/31 初版リリース










ヤイロチョウ (八色鳥) Fairy pitta (Pitta nympha) - 野鳥アルバム (日本の鳥) 八幡自然塾

Copyright (C)  2004-2017   Yawata-Sizenjuku 八幡自然塾