八幡次郎好酉の鳥紀行
日本の鳥
 
阿蘇五岳遠望 熊本県
八幡自然塾日本の鳥旅先の鳥旅先の花木旅先の蝶鳥紀行好酉の世界
|八幡野鳥観察エリアマップ||野鳥関連用語集||八幡市の花・木・鳥・花木|



 
<< Home Page
ホオアカ (頬赤)

写真①
① ホオアカ 成鳥 阿蘇 大分県 2012/04/10 Photo by Kohyuh
ホオアカ 成鳥 阿蘇 熊本県
2012/04/10 Photo by Kohyuh



写真②
② ホオアカ 成鳥 阿蘇 大分県 2012/04/10 Photo by Kohyuh
ホオアカ 成鳥 阿蘇 熊本県
2012/04/10 Photo by Kohyuh



写真③
③ ホオアカ 成鳥 阿蘇 大分県 2012/04/10 Photo by Kohyuh
ホオアカ 成鳥 阿蘇 熊本県
2012/04/10 Photo by Kohyuh



写真④
④ ホオアカ 成鳥 阿蘇 大分県 2012/04/10 Photo by Kohyuh
ホオアカ 成鳥 阿蘇 熊本県
2012/04/10 Photo by Kohyuh



ホオアカ (頬赤) *205 2012/02/19
スズメ目 Passeriformes
ホオジロ科 Emberizidae
 学名 Emberiza fucata
 英名 Grey-headed Bunting
 全長 (L) = 16 cm *13
 漂鳥
 雌雄同色

2012年 4月 10日
 朝の散歩を兼ねて宿舎の庭でバードウォッチングを楽しんだ。 阿蘇五岳が遠望できる雄大な草原の景色の中である。 それでも、所々に木立があり、小鳥のさえずりが聞こえて来る。

 その声の主だったのかどうか、それはわからないが、ホオアカが飛んできたのが目に入った。 未だ新緑前の葉がない一本立ちの樹だったからよくわかった。





ゆらぐ思い
 実はそのとき、ホオジロカシラダカかと思っていたのだが ・・・ 断定するのではなく ・・・ ホウアカかも知れないという思いもあったのである。 ようするに、いつまでたってもゆらぐ思いが邪魔をして、確信をもって断定が出来ないのだ。

 これは、よく見かけて、よく知っている筈のホオジロカシラダカの違いについてもいえることだ。 ましてや、ホオアカとの出逢いについては、これで 3度しか経験がないからなおさらだ。


 私たちは日常の暮らしの中で、知識不足のものにしろ、情報不足のものにしろ、まったく未知のものにしろ ・・・ 進むべき道を選択して行かなければならないことに多々直面するものだ。

 ただ、そこには苦渋の選択といったものから、運を天まかせのくじ引きといったものまで様々ある。 また、『ベスト・チョイス!』 などと店員さんからおだてられて衝動買いをしてしまうような選択もあるだろう。

 また、こうした買い物などで ・・・ どれにしようかな ・・・ などと、好みの問題で心ゆらぐ思いをするものだ。 ところが、好みの問題に、それが 『正しい/間違い』 などと口出しすることは無意味である。 好きか嫌いかの問題を、良いか悪いかの問題にすり替えることになるからだ。

 cf. 時代は変わりつつある
 cf. 失恋で傷ついた人へ




 それとは反対に、例えば ・・・ 野鳥の同定の問題となると話は別である。 第三者が 『正/否』 を下すことができる。 まぁ、証拠写真のレベルが低くて判定不能という場合も多々あろうが ・・・ また、人様にご迷惑をかけることもあるかも知れない。





 これまで野鳥の同定に限らず、こういった判断をしなければならない事態に多々直面してきたが ・・・ このゆらぐ思いがいつも頭をもたげてくるのだった。 ・・・ 長年に渡っていろんな知識や経験を積んで来た筈であるが、手を挙げて答えるといったことが出来なかった小学生の頃と何ら変わらない気がする。


 それが ・・・ 世の中 ・・・ ぱっぱ、ぱっぱと出来る人も多々いるのである。 また、かって、そういった能力の持ち主のことを羨ましく思っていたことがあった。

 ・・・ ところが、今は違う。 「ゆらぐ思い」 を抱えることは、決して悪いことではない。 言い換えれば、思いを巡らすからこそ 「ゆらぐ思い」 をするのだ。


 それが、もし無いというのなら ・・・ 逆に、「思いを巡らす」 ことが出来ない ・・・ という場合もあろう。 これは、想像力の欠如かも知れない。

 例えそうでなくても、このことは決していいことではなかろう。 配慮不足で独善に陥りやすいからだ。  


 「ゆらぐ思い」 を抱えることで ・・・ よくないことがあるとすれば ・・・ いつまでもそれを引きずって、前に進めなくなる危険性があることだろう。


 大事なことと思うのは、「走りながら考える」 という言葉どうりに ・・・ 思いを巡らしながら ・・・ とにかく少しでも明るい方へ向かって走り出すことだ。

 「突然解決策がひらめいた」 などという話をよく聞くが ・・・ それもこれも思い巡らしていればこそ起こる奇跡のようなものだろう。

 私たちの脳は、その内に無意識の世界にあっても、思い巡らすようになるようだ。 そして、ちょっとしたきっかけで解決策が見つかったりするのだ。

 cf. 走りながら考える






阿蘇五岳 あそごがく
 阿蘇といえば、世界一のカルデラと習ったような気がするが、そうでもないらしい。 日本でも一位は屈斜路カルデラで、阿蘇は二位ということだ。 それでも世界有数のカルデラの大きさに変わりはない。


 また、一口に阿蘇といっても、人それぞれにイメージが異なる筈で、それは、その規模の大きさに起因するだろう。 外輪山に囲まれた大きなカルデラの中に阿蘇山 あそさん がある。

 その阿蘇山は、高岳、中岳、根子岳、烏帽子岳、杵島岳の五つの山の総称である。 これを阿蘇五岳という。 阿蘇山という単独峰があるわけではないし、また、阿蘇山という呼称の中には外輪山やカルデラは含まれていないのだ。



カルデラ caldera
 (もとスペイン語で大釜の意)
 火山の中心部または周辺にある円形の著しく広い凹所。 多くは直径 1km 以上で、噴火後に起こる火山中央部の陥没による。
by 広辞苑第六版より引用


【補注】
 阿蘇五岳を遠望すれば、『仏様の寝姿』 に見えると聞いて ・・・ あらためて見直すと、なるほどそのように見えなくもない。 顔に見えるのが 「根子岳」、胸に見えるのが 「高岳」 といった具合である。 これは 「聞き做し」 と同じような感覚であろう。
 





 cf. ホオアカの渡り
 cf. ホオアカの食べもの
 cf. ホオアカの名前の由来
 cf. ホオアカの学名の意味
 cf. ホオアカの英名の意味








関連記事
ホオジロ科の他の仲間たち サムネイルで一覧表示
ホオアカ 1 日本の鳥





野鳥一覧へ戻る




履歴
2012/04/26 初版リリース










ホオアカ (頬赤) Grey-headed Bunting (Emberiza fucata) - 野鳥アルバム (日本の鳥) 八幡自然塾

Copyright (C)  2004-2017   Yawata-Sizenjuku 八幡自然塾