八幡自然塾
野鳥アルバム日本の鳥

 
男山遠望 八幡市
八幡自然塾日本の鳥旅先の鳥旅先の花木旅先の蝶鳥紀行好酉の世界
|八幡野鳥観察エリアマップ||野鳥関連用語集||八幡市の花・木・鳥・花木|



 
<< Home Page
イカルチドリ (桑鳲千鳥)

写真①
① イカルチドリ 成鳥 冬羽 大谷川 八幡市 2011/12/21 Photo by Kohyuh
イカルチドリ 成鳥 冬羽 大谷川 八幡市
2011/12/21 Photo by Kohyuh



写真②
② イカルチドリ 成鳥 冬羽 大谷川 八幡市 2011/12/21 Photo by Kohyuh
イカルチドリ 成鳥 冬羽 大谷川 八幡市
2011/12/21 Photo by Kohyuh



写真③
③ イカルチドリ 成鳥 冬羽 大谷川 八幡市 2011/12/25 Photo by Kohyuh
イカルチドリ 成鳥 冬羽 大谷川 八幡市
2011/12/25 Photo by Kohyuh



写真④
④ イカルチドリ 成鳥 冬羽 大谷川 八幡市 2011/12/25 Photo by Kohyuh
イカルチドリ 成鳥 冬羽 大谷川 八幡市
2011/12/25 Photo by Kohyuh



写真⑤
⑤ ・・・ 淡い翼帯がみえる ・・・ イカルチドリ 成鳥 冬羽 大谷川 八幡市 2011/12/21 Photo by Kohyuh
・・・ 淡い翼帯がみえる ・・・
イカルチドリ 成鳥 冬羽 大谷川 八幡市
2011/12/21 Photo by Kohyuh



イカルチドリ (桑鳲千鳥) *205 2012/01/04
チドリ目 Charadriiformes
チドリ科 Charadriidae
 学名 Charadrius placidus
 英名 Long-billed plover
 全長 (L) = 21 cm
 留鳥

2012年 1月 4日
 かってコチドリも ・・・ イカルチドリも ・・・ まったく見分けがつかなかった頃があったが ・・・ この大谷川には ・・・ 彼らの姿が数多く見られたことだった。

 それが ・・・ どれもこれもコチドリに見えたものだから ・・・ イカルチドリのことは ・・・ 例え、その中にいたとしても気がつかなかったに違いない。





 そのときのイカルチドリの同定について言えば ・・・ アイリングが金色ではなく ・・・ その 「色味が淡い」 ということの一点張りだった。

 ところが、こういった微妙な色の違いといった ・・・ 曖昧極まりないものをフィールドマークといわれても ・・・ 初心者にとっては困惑するばかりだった。 そのおかげで見誤っていたかも知れないのだ。


 それが今回は ・・・ その 「色味が淡い」 ものがいたのである ・・・ 瞬間、これはイカルチドリに違いないと思ったのだが、そう直ぐには断定しなかったところが ・・・ 私も偉かろう。



何かが変わた
 かっての八幡市に関する野鳥の観察記録 *1 を見れば、コチドリは ・・・ ほぼ一年中見られているのに対して、イカルチドリは ・・・ 4月~9月 に限られていたのである。


 そして、この観察記録からすれば ・・・ 今回、イカルチドリとした ・・・ ここに掲げた写真のものは季節外れの出現ということになる。 何しろ 12月に撮られたものだから ・・・

 私の思惑に反して ・・・ イカルチドリではないかも知れないし、逆にまた ・・・ もし、これがまぎれもないイカルチドリとしたら ・・・ 当時と 「何かが変わた」 ということになるだろう。


 そういったこともあって、慎重に、且つ、冷静に調べて見たのだが ・・・ 彼らに対する同定能力が以前に比べて格段に上がった訳でも何でもない ・・・ 独断と偏見でもって、ここにイカルチドリと断定する。


 「何かが変わた」 というのは ・・・ 地球温暖化などで説明がつくが ・・・ 出現の時期が違うからといって、イカルチドリではないとする方が説明が難しいのだ。


 cf. 気になること
 






同定理由
 曖昧なところは、あいまいなままに ・・・ イカルチドリが冬羽ないし、若鳥の場合として
 ・コチドリに比べてアイリングの幅が細く、色味も淡い
 ・コチドリに比べて体は大きく、嘴 くちばし も長い
 ・コチドリに比べて淡い翼帯が出る (写真⑤
 ・ハジロコチドリほど眉班がはっきりしていない




名前の由来 *31
 江戸時代では、コチドリのことを 「こじゅん」、イカルチドリのことを 「おほじゅん」 と呼んで両者を区別していた。 微妙な大きさの違いに気づいていたということだろう。 大したものである。

 江戸時代中期になって、イカルチドリとも呼ばれるようになったようだが ・・・ 「いかるちどり」 の語源は残念ながら不明という。 ただ、『コチドリより少し大きくて強そうに見える』 ためと考えられているようだ。

 そう言われて見直すと ・・・ なるほど、イカルの顔は、シメと同様に ・・・ いかにも強そうに見える。 要するに眼力がある。 ただ、イカルチドリをいくら見直しても ・・・ 強そうには見えないのだが ・・・

 cf. 私の憧れ




渡り *205 *212
 主に、中国西部・中央北部・北東部、ウスリーランド、韓国北部で繁殖し、冬場にはネパール、インド北東部、中国南部、台湾、韓国北部・南部、東南アジアに渡って避寒する。




食べもの
 イカルチドリは、主に、陸生、水生を問わずいろんな無脊椎動物を食べる。







学名の意味 *12
Charadrius チドリの一種
【ギ】 Charadrios 渓谷に巣を造るチドリの一種
placidus 【ラ】 おとなしい


英名の意味
long-billed 長い嘴 くちばし をした
plover 〔鳥〕 チドリ
 by New College English-Japanese Dictionary, 6th edition (C) Kenkyusha Ltd. 1967,1994,1998








関連記事
チドリ科の他の仲間たち サムネイルで一覧表示
コチドリ 似たものどうし (日本の鳥)
ハジロコチドリ アイルランドの鳥
チドリは 3本指 鳥の足指は 4本が普通
千鳥足 (証明) 片眼視が原因
シギとチドリの区別 くちばし の長さがよかろう





野鳥一覧へ戻る




履歴
2012/01/04 初版リリース










イカルチドリ (桑鳲千鳥) Long-billed plover (Charadrius placidus) - 野鳥アルバム (日本の鳥) 八幡自然塾

Copyright (C)  2004-2017   Yawata-Sizenjuku 八幡自然塾