野鳥アルバム 八幡自然塾 
日本の鳥
11月 淀川河川公園 三島江地区 高槻市
八幡自然塾日本の鳥旅先の鳥旅先の花木旅先の蝶鳥紀行好酉の世界
|八幡野鳥観察エリアマップ||野鳥関連用語集||八幡市の花・木・鳥・花木|



 
<< Home Page
マヒワ (真鶸)

写真①
① マヒワ 成鳥 淀川河川公園 三島江 2012/10/02 Photo by Kohyuh
マヒワ 成鳥 淀川河川公園 三島江
2012/10/02 Photo by Kohyuh


写真②
② マヒワ 成鳥 淀川河川公園 三島江 2012/10/02 Photo by Kohyuh
マヒワ 成鳥 淀川河川公園 三島江
2012/10/02 Photo by Kohyuh


写真③
③ マヒワ ♂ 成鳥 淀川河川公園 三島江 2012/10/02 Photo by Kohyuh
マヒワ ♂ 成鳥 淀川河川公園 三島江
2012/10/02 Photo by Kohyuh


写真④
④ マヒワ ♀ 成鳥 淀川河川公園 三島江 2012/10/02 Photo by Kohyuh
マヒワ ♀ 成鳥 淀川河川公園 三島江
2012/10/02 Photo by Kohyuh


写真⑤
⑤ マヒワ ♂ 成鳥 淀川河川公園 三島江 2012/10/02 Photo by Kohyuh
マヒワ ♂ 成鳥 淀川河川公園 三島江
2012/10/02 Photo by Kohyuh



マヒワ (真鶸) *205 2013/01/28
スズメ目 Passeriformes
アトリ科 Fringgillidae
 学名 Carduelis spinus
 英名 Siskin
 全長 (L) = 13 cm *13
 冬鳥
 雌雄異色

2012年 10月 2日
 今は淀川河川公園 (三島江) がいいと聞いて馳せ参じた。 五六人のカメラマンたちの姿があっただけでる。  ・・・ それも、手持無沙汰のようである。









 ・・・ するとどなたかの携帯に呼び出しがかかったのか、マヒワが出たといって、みなさん機材をたたみだした。 早いもの順に姿を消していった。 ここからはブッシュや灌木で見通せないのだが、どうやら川上に向かったようである。

 最後になったおじさんが、『そこの広い道に出たらすぐわかる筈だよ』 といって自転車で姿を消した。 マヒワ発見という情報伝達は非常に早かった。 それに一人二人とカメラを担いだ人が現れては、上流に向かって消えていくのであった。



 近くにいた人たちが誰もいなくなってから ・・・ それではと私たちもその場を離れることにしたのである。

 先ほどの自転車のおじさんが教えてくれた広い通りに出て見ると、なるほど二三百メートルほど向こうに人だかりがしているのが見えた。



メマツヨイグサに群がって
 マヒワは数十羽ほどいただろうか。 この辺りは堤防沿いに草薮が広がっていて、その中に人の背丈ほどの高さの枯草がそこだけに固まってあった。

 その草の実を食べていたのである。 よく堤防で見られるメマツヨイグサの実であろう。 一心不乱に食べているようでギャラリーをまったく気にしていないようであった。



 ところが ・・・ 調子に乗って包囲網が狭まったのか、ふいに一斉に飛び立ってどこかに消えてしまったのだった。 まだ、あとから駆けつけて来る人たちもいたのである。


 『・・・飛び立ってしまった』 などと、早速、お友達に連絡を入れている声が聞こえてきた。 




 これを機に引き上げることにしたのだが ・・・ 小一時間ほど経って堤防沿いの道を帰っていたら、先ほどの同じ場所に人だかりがしているのが見えた。

 あのマヒワ達が、また同じ場所に帰ってきたようである。 その執着振りは、よほど待宵草の実が好きなのであろうか。





 cf. マヒワの渡り
 cf. マヒワの食べもの
 cf. マヒワの名前の由来
 cf. マヒワの学名の意味
 cf. マヒワの英名の意味






関連記事
アトリ科の他の仲間たち サムネイルで一覧表示
マヒワ 1 日本の鳥
マヒワ 3 日本の鳥





野鳥一覧へ戻る




履歴
2013/01/28 初版リリース










マヒワ (真鶸) Siskin (Carduelis spinus) - 野鳥アルバム (日本の鳥) 八幡自然塾

Copyright (C)  2004-2017   Yawata-Sizenjuku 八幡自然塾