八幡自然塾
野鳥アルバム日本の鳥

 
男山遠望 八幡市
八幡自然塾日本の鳥旅先の鳥旅先の花木旅先の蝶鳥紀行好酉の世界
|八幡野鳥観察エリアマップ||野鳥関連用語集||八幡市の花・木・鳥・花木|



 
<< Home Page
オオカワラヒワ (大河原鶸)

写真-20141218
オオカワラヒワ (2態)
オオカワラヒワ (2態-1) 成鳥 三川合流部 八幡市 2014/12/18 Photo by Takase
オオカワラヒワ (2態-2) 成鳥 三川合流部 八幡市 2014/12/18 Photo by Takase
オオカワラヒワ (2態) 成鳥 三川合流部 八幡市
2014/12/18 Photo by Takase
(写真提供: 高瀬)




写真-20141215
オオカワラヒワ 成鳥 三川合流部 八幡市 2014/12/15 Photo by Takase
オオカワラヒワ 成鳥 三川合流部 八幡市
2014/12/15 Photo by Takase


 冬の訪問者
オオカワラヒワ ロマンスグレイにタキシード

(コメント & 写真提供: 高瀬)




オオカワラヒワ (大河原鶸) *13 *36 2012/02/19
スズメ目 Passeriformes
アトリ科 Fringgillidae
 学名 Carduelis sinica kawarahiba
 英名 Grey-capped greenfinch
 全長 (L) = 14-17 cm
 冬鳥

2014年 12月 19日
 高瀬さんからオオカワラヒワの写真をいただいた。 初見だったというから、普段目にするカワラヒワとは 『ちょっと違う』 という風に感じるところがあったのであろう。







ちょっと違う
 カラスカワウの違いがわからなかった頃が誰しもあった筈である。 △と□ほどの違いがあるものを ・・・ それがわからなかった。

 cf. カワウは初見



 それが、場数や経験を積み重ねていくと、『ちょっと違う』 ということに気付くようになる。 振り返れば、どうしてこんな簡単なことがわからなかったのだろうと思うものだ。


 ・・・ 誰しも、 これの繰り返しであろう。 要するに、また、見分けのつかない問題に多々遭遇することになるのである。


 今回のオオカワラヒワに関して言えば、20角形と21角形の違いを 『ちょっと違う』 という風に感じることが出来た ・・・ という程のものではなかろうか。 その気付きに驚かされた。



 ・・・ となると、これまでカワラヒワとして来たものの中には、オオカワラヒワも混じっていたかも知れないということにもなろう。

 これまで、カワラヒワに出逢っても、『何だ、カワラヒワか』 などと軽んじてきた人たちも、今後は 『オオカワラヒワかも知れない』 といって、少しは真剣に向き合うことになるに違いない。




 ただ、微に入り細に入るアプローチは、いかなる分野でも留まることがないのが気にかかる。 それは面白いし、それなりに居場所が得られるだろうが ・・・ 分類の行き着く先が個体判別のようにならないか危惧するのである。

 cf. これは人間の業かも知れない






日本国内で見られるカワラヒワの亜種
 アトリ科 Fringgillidae
  カワラヒワ属 Chloris
   カワラヒワ Chloris sinica
    亜種オオカワラヒワ Chloris sinica kawarahiba
    亜種カワラヒワ Chloris sinica minor
    亜種オガサワラカワラヒワ Chloris sinica kittlitzi

by 日本産鳥類目録改訂第7版より抜粋





 同定理由
オオカワラヒワの見分け方 【A部】
 オオカワラヒワは、全体的にカワラヒワより体色が薄く、頭から後頚・肩にかけて灰色がかる。 英名の "Grey-capped Greenfinch" は、この特徴にちなむという。
【B部】
 三列風切の外弁の白色部は大きい。


 by Wikipedia
 by 日本の野鳥590 *13
 by 絵解きで野鳥が識別できる本 *36

 もちろんオオカワラヒワというからには、カワラヒワより少し大きいというものだが、この程度の大小の判定はフィールドでは出来ないというか、意味をなさないと言ってもいいかも知れない。 

 cf. ものさし鳥









渡り
 主にカムチャッカ、サハリンなどで繁殖し、冬場には中国東部、朝鮮半島、中国東南部などに渡って避寒する渡り鳥である。 日本には冬鳥として渡来する。




食べもの
 カワラヒワと同様に特徴ある大きな嘴は、種子の殻を剥ぐのに都合がよい。 そして中の実だけを食べるのだ。 主に草の実を食べるベジタリアンだが、育雛時には昆虫も捕食するようだ。




名前の由来
 オオカワラヒワ (大河原鶸) は、カワラヒワより少し大きいから 「大」 という冠を付けただけの話であろう。

 cf. カワラヒワの名前の由来








学名の意味 *12
Carduelis ゴシキヒワ  【ラ】
sinica 中国の 【ラ】 sinicus の女性形
kawarahiba カワラヒワのローマ字表記か?

cf. カワラヒワの亜種
cf. 亜種とは
cf. 亜種名の表現




英名の意味
grey-capped 灰色の帽子をかぶったような
greenfinch カワラヒワアオカワラヒワ
finch 〔鳥〕 フィンチ  《ヒワ・アトリ類の小鳥の総称》
 by New College English-Japanese Dictionary, 6th edition (C) Kenkyusha Ltd. 1967,1994,1998








関連記事
アトリ科の他の仲間たち サムネイルで一覧表示






野鳥一覧へ戻る




履歴
2014/12/19 初版リリース










オオカワラヒワ (大河原鶸) Grey-capped greenfinch (Carduelis sinica kawarahiba) - 野鳥アルバム (日本の鳥) 八幡自然塾

Copyright (C)  2004-2017   Yawata-Sizenjuku 八幡自然塾