八幡自然塾
野鳥アルバム日本の鳥

 
男山遠望 八幡市
八幡自然塾日本の鳥旅先の鳥旅先の花木旅先の蝶鳥紀行好酉の世界
|八幡野鳥観察エリアマップ||野鳥関連用語集||八幡市の花・木・鳥・花木|



 
<< Home Page
アカハシハジロ (赤嘴羽白)

写真①
① アカハシハジロ ♂ 成鳥 淀川 大阪市 2011/12/20 Photo by Kohyuh
アカハシハジロ ♂ 成鳥 淀川 大阪市
2011/12/20 Photo by Kohyuh



写真②
⑤ アカハシハジロ ♂ 成鳥 淀川 大阪市 2011/12/20 Photo by Kohyuh
アカハシハジロ ♂ 成鳥 淀川 大阪市
2011/12/20 Photo by Kohyuh



写真③
③ アカハシハジロ ♂ 成鳥 淀川 大阪市 2011/12/20 Photo by Kohyuh
アカハシハジロ ♂ 成鳥 淀川 大阪市
2011/12/20 Photo by Kohyuh



写真④
④ アカハシハジロ ♂ 成鳥 淀川 大阪市 2011/12/20 Photo by Kohyuh
アカハシハジロ ♂ 成鳥 淀川 大阪市
2011/12/20 Photo by Kohyuh



写真⑤
⑤ 《異種である恋人をエスコートして日本まで ・・・ 》 アカハシハジロ ♂  / ホシハジロ ♀ 成鳥 淀川 大阪市 2011/12/20 Photo by Kohyuh
《異種である恋人をエスコートして日本まで ・・・ 》

アカハシハジロ ♂ / ホシハジロ ♀ 成鳥 淀川 大阪市
2011/12/20 Photo by Kohyuh



アカハシハジロ (赤嘴羽白) *205 2012/02/19
カモ目 Anseriformes
カモ科 Anatidae
 学名 Netta rufina
 英名 Red-crested Pochard
 全長 (L) = 50 cm
 冬鳥

2011年 12月 20日
 ホシハジロ (♀) がいたのは知っていたけれど ・・・ 狙っていたのは、今シーズンの初めから話題になっていた ・・・ このアカハシハジロ (♂) であった。








 それが不思議なことに ・・・ 今気がついたのだが ・・・ 彼は、ほとんどホシハジロ (♀) と一緒に映っていたのだった。 そして思い出した ・・・ メジロガモアメリカヒドリ恋の話を ・・・








アカハシハジロの恋
 アカハシハジロが淀川に渡来することは滅多にない ・・・ 日本全体から見てもそうだろう ・・・ ということだから、鳥撮人 とりとりびと や鳥観人 とりみびと たちの注目の的になっているが ・・・ もう、それから何か月も経っているといのに ・・・ 今でも黒山の人だかりである。


迷鳥なんかじゃぁない
 こうした ・・・ 稀に訪れる渡り鳥たちのことを 迷鳥 といったりすることがある。 それは、はじめから意図したものではなかったが ・・・ やむなく渡来することになってしまったという意味合いがある言葉だろう。


 要するに ・・・ 方向音痴のものが道に迷ったり、予期せぬ嵐などに遭遇し、避難するため、または、その風に流されて ・・・ 迷い込んできたものといいたいのだろう。




 ところがしかし、このアカハシハジロは ・・・ そういった 迷鳥なんかじゃぁない。 私は思うのだが ・・・ ホシハジロ (♀) に恋をしたのではなかろうか。 それはアメリカヒドリメジロガモの渡来のことを考えて見ればわかる。


 当初は物語のように語ってきた彼らの "恋の話" は、物語でも何でもない ・・・ 本当に有り得る話だと確信するようになったのだ。

 それは、観察例が多くなればなるほど強まってきたというけである。 そして、ミコアイサのように、失恋の痛手といった物語も ・・・ それにまた、ナベヅルの恋の話なども ・・・ もはやただの物語ではなく ・・・ 実際に彼らの心の内を覗き見たような気がする。

恋の話
 cf. アメリカヒドリの恋
 cf. メジロガモの恋
 cf. ナベヅルの恋
 cf. 思いどおりにならないこともある (ミコアイサ)





出逢いの場所
 アカハシハジロとホシハジロの繁殖地は、中央アジアで互いにオーバーラップするから、彼らの出逢いの場はかなり広くて、アメリカヒドリの比ではない。 出逢って当然というような舞台装置になっているのだ。



何か特別なこと
 ただ、アカハシハジロとホシハジロは近縁種とはいえ、普通、異種同士のカップリングは、本能的に避けられるものだ。 毎日顔を合わせるからといって直ぐに結ばれるようなことはなかろう。 そこには何か特別な事情があったに違いない。


その一
 アカハシハジロがそうとは言えないが ・・・ ウグイスのような身勝手な雄もいるから ・・・ 子育ては雌にまかせて、自分は新しいお相手探しをしたりするかも知れない。

 cf. ウグ イスの子育て


 実際に、「子育て中のアカハシハジロ」 をルーマニアで見たことがあるのだが ・・・ そのとき雄の姿は見かけなかった。

 そのときは気がつかなかったのだが、子育ては雌にまかせて火遊びに出かけたに違いない。


 何しろ、新しいお相手探しであるから大胆になって ・・・ 可愛いホシハジロ (♀) にちょっかいを出しにいったかも知れない。






その二
 ホシハジロ (♀) にしても、不慮の事故や病気で ・・・ 夫や子供を亡くすものもいたかも知れない。 そうした状況下では ・・・ 例え異種とはいえ ・・・ もし、心優しいアカハシハジロ (♂) に出逢ったとしたら心動かされるに違いない。

 ナベヅルの話だが ・・・ 実際に、そういった話を聞いたことがある。 ウグイスとは正反対に ・・・ 生涯添い遂げるというツルたちでさえ ・・・ 夫と死別したりするといった状況下では他種といえども ・・・ クロヅルと恋仲になることがあるのだ。

 cf. ナベヅルの恋






渡り先(避寒地)の違い
 多くのカモたちは、夏場は繁殖のため、北の大地でカップルとして過ごすのだろうが ・・・ それが季節が移り変わり寒くなってくると ・・・ 普通なら、新しく生まれた子供たちと一緒に、家族で避寒地へと渡って行くのである。

 その渡って行く先は、アカハシハジロにしても、ホシハジロにしても、彼らの大多数はインドとかヨーロッパである。 ただ、日本に関して言えば ・・・

 ・アカハシハジロは、普通の場合 ・・・ 日本に渡るものはいない。
 ・ホシハジロは、普通の場合でも ・・・ に日本に渡るものも多い。



 本来なら日本に渡ってくる筈がないアカハシハジロ (♂) がやってきたのだ ・・・ それも、傍にはホシハジロ (♀) がいるのである。 これを偶然と考える方が不自然だろう。

 彼らは相思相愛の仲か ・・・ それともストーカーか ・・・ そのどちらかだろう。 ただ、私にはホシハジロ (♀) が嫌がっている風には見えなかったことは確かだ。


ストーカー stalker
 特定の個人に異常なほど関心を持ち、しつこく跡を追い続ける人。
by 広辞苑第六版より引用








人間らしい感情?
 恋や愛や献身や利他の行為といった ・・・ ありとあらゆる人間らしいと思う感情も ・・・ 考えてみれば、決して、私たちだけが特別に有するものではないことに気づくはずだ。

 cf. 鳥たちの利他的な行動


 また、彼らは本能のまま行動しているなどといって、見下したりすることがあるが ・・・ こと感情については人間様とて同じで ・・・ 大きな違いなどないということにも気づくだろう。

 どんなペットでも ・・・ 飼ったことがある人はわかる筈である ・・・ いかなる場合でも感情移入できる ・・・ そして、それは単なる勝手な思い込みではないということに気づく筈だ。 要するに感情は ・・・ 生きとし生けるものの本能の範疇である。


 それを ・・・ いや、人間には理性がある ・・・ とかいって ・・・ 何たらかんたらとわからんことをいう人もいるが、もし、それが本当なら ・・・ 喧嘩や、ましてや戦争など起こすわけがない。


 cf. 本当の恋ってなんだろう




 ここで、敢て、他の動物と区別して ・・・ 違いを上げるとすれば ・・・ 創造する能力や科学する能力であろう。

 この点は、大いに自慢したり、誇りに思うのは結構だが ・・・ その他のことについては ・・・ それこそ逆に、大いに学ぶべきことが多々あるということだ。



 cf. アカハシハジロの渡り
 cf. アカハシハジロの食べもの
 cf. アカハシハジロの名前の由来
 cf. アカハシハジロの英名の意味








関連記事
カモ科の他の仲間たち サムネイルで一覧表示
アカハシハジロ (♀) ルーマニアの鳥
ホシハジロ (♀) 日本の鳥





野鳥一覧へ戻る




履歴
2012/02/19 ロゴ統一更新
2011/12/25 初版リリース










アカハシハジロ (赤嘴羽白) Red-crested Pochard (Netta rufina) - 野鳥アルバム (日本の鳥) 八幡自然塾

Copyright (C)  2004-2017   Yawata-Sizenjuku 八幡自然塾